ダイビングスクール プライム

和歌山田辺といえば、オオカワリギンチャク!

LINEで送る
Pocket

少しずつ増えてきたし、大きくなってきましたねぇ~

 

2020年11月1日(日) 透視度10m 水温23度

「ショウガセ」「南部だしアーチ」

 

15年ほど前にダイビングを指導してプロレベルまで認定したお客様が久しぶりに潜りに来てくれました。

一緒に「ショウガセ」のオオカワリギンチャクの様子を見に行きました。

 

前回一緒に見たオオカワリギンチャクは、数も少なくなってしまっていて保護の対象になるほど、今後見られなくなってしまうんじゃないか!?と危惧するほどの減少傾向の時でした。岩の隙間に小さなオオカワリギンチャクが少しだけ隠れるように生息していたのが、今回潜って確認してみるとサイズも大きくなり、数もそれなりに増えてきているようでした。

 

和歌山県田辺市・南紀白浜でダイビングライセンス取得
少しずつ復活しているオオカワリギンチャク!

 

田辺とみなべのダイビング事業者からなる紀州灘ダイビング組合の加盟店でも、オオカワリギンチャクに対する保護ルールを決めていて皆さんに守っていただいたからこその復活ですね。うれしい限りです。

 

 

普段は調査や研究の一環で潜ることが多いお客様も、今日は魚を見たりサンゴを見たりとファンダイビングを楽しんでいらっしゃいました。季節ならではの生き物を紹介しました。

 

チェック柄がおしゃれなクダゴンベ。

 

和歌山県田辺市・南紀白浜でダイビングライセンス取得
クダゴンベ。

 

タテジマキンチャクダイの幼魚(通称「うずまき」)はあちこちにいます。成魚になると全く違う模様になるなんて想像できません。

 

和歌山県田辺市・南紀白浜でダイビングライセンス取得
タテジマキンチャクダイの幼魚

 

お久しぶりのモンハナシャコ。海のボクサーと呼ばれることもあるモンハナシャコ。3年前の低水温期よりあまり見かけなくなっていましたが、ここ1か月くらいで見かけるようになってきました。

 

和歌山県田辺市・南紀白浜でダイビングライセンス取得
美しいモンハナシャコ!

ビビットなカラーがフォト派ダイバーさんにも人気です!

 

LINEでお問い合わせ

\疑問や不安はLINEで解決!/

 

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

スキューバダイビングを趣味として続けたい人、さらに上手になりたい人など、あなたが自信を持ってできるようになるまでサポート致します。

ダイビングスクール、体験ダイビングなどについてのお問い合わせや資料請求は、下記にて承っております。お気軽にお問い合わせください。

は必須項目です。必ずご記入ください。

内容
お名前
ふりがな
メールアドレス
ご住所
お電話番号
お問合せ内容
個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP