ダイビングスクール プライム

雨でも潜るんだよ!ダイブリーダー講習~和歌山県田辺市

LINEで送る
Pocket

ナビゲーションテクニックが難しいですね。

 

2020年11月2日(月) 透視度6m 水温22.8度

「天神崎ビーチ」「天神崎ビーチ」

 

ダイブリーダー講習で、ダイバーを引率する練習をしました。

 

和歌山県田辺市・南紀白浜でダイビングライセンス取得
リーダーがダイバーを引率して水中を楽しみます。

 

今までインストラクターの後ろをついていくばかりのダイビングでしたが、引率を経験することによってダイビングのどこに危険が潜んでいてどこに気をつければ安全に潜れるようになるのかを実感していただきます。

 

何度も潜っているはずのホームゲレンデの天神崎ビーチも先頭を泳ぐと景色がガラリと変わります。自分の前に人がいません。先導してくれる人がいないのです。それだけで呼吸が乱れて中性浮力も難しくなる場合もあります。ナビゲーションに気をとられていると、後ろをついてきているダイバーへの気配りが足りなくなります。後ろをついてきているダイバーが初心者ダイバーだと頑張って泳いでもついていけない速さになってしまいます。ダイバーがはぐれてしまうのではなく、引率しているリーダー自身がグループから離れて行ってしまうことになります。

 

和歌山県田辺市・南紀白浜でダイビングライセンス取得
最初はナビゲーションに必死で受講生ダイバーはリーダーについていけず…インストラクターの姿がかすみます。

 

リーダー役を経験した今日の受講生は、何度も何度も後ろを振り返って「OK!?」「耳抜きできてる?」「残圧いくつ?」ってコミュニケーションを取ってくれたので初心者ダイバー役のダイバーも安心して潜れました。

 

和歌山県田辺市・南紀白浜でダイビングライセンス取得
ダイブリーダーが「残圧いくつ?」ってダイバーに確認しています。

 

リーダーにとって重要な後方確認。後ろをついてきているダイバーは全員いるか?問題を抱えているダイバーはいないか?などを確認しながら潜ります。

 

その時に後ろを振り返らないといけないのですが、何せ今までインストラクターの後ろをついていくことしかしてなかったので、体をひねって後ろを向くことも難しいんです。インストラクターは簡単にやっていることも、実はちょっと難しかったり、そしてそれが水中で体を動かす身のこなしの練習になっていたりします。いろんな体勢でも中性浮力を保てるようになりましょう。

 

和歌山県田辺市・南紀白浜でダイビングライセンス取得
後方確認のために振り返って「OK?」って聞くダイブリーダー。

 

簡単そうで、簡単でないことがたくさんあったと思います。次回の改善点にしていきましょう!今日は合格ですよ!

 

 

レッスン終了時には結構な雨が降っていました。水面をたたく雨の波紋を水中から見るとまるで擦りガラスのようでした。

和歌山県田辺市・南紀白浜でダイビングライセンス取得
水中から見た「水面に打ち付ける雨」

LINEでお問い合わせ

\疑問や不安はLINEで解決!/

 

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

スキューバダイビングを趣味として続けたい人、さらに上手になりたい人など、あなたが自信を持ってできるようになるまでサポート致します。

ダイビングスクール、体験ダイビングなどについてのお問い合わせや資料請求は、下記にて承っております。お気軽にお問い合わせください。

は必須項目です。必ずご記入ください。

内容
お名前
ふりがな
メールアドレス
ご住所
お電話番号
お問合せ内容
個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP