ダイビングスクール プライム

ダイビングスキル基礎編〜マスククリアの練習

LINEで送る
Pocket

マスククリアが苦手な人は以下の手順をしっかり確認して繰り返し練習しましょう。

 

マスククリアの練習手順

 

マスクブローができるようになる

マスククリアをするにはマスクブローができなくてはいけません。マスクブローというのは、鼻から息を吐くことです。

「簡単やんっ!」って思うでしょう。

そうなんです。簡単なんです。

しかし、水中にいることで緊張したり、レギュレータのマウスピースをくわえることで鼻から息を吐くことが難しくなることがあります。

このページを見てくださっている今、鼻から「んーーーーっ」と息を少しずつ吐いてみてください。その時の、舌の位置を確認して覚えましょう。上顎にピタッとくっついているのがわかりますか?

レギュレータをくわえたときも同じように上顎にピタッとくっつけるように意識してみてください。

レギュレータのマウスピースをくわえた状態で鼻から息を吐けるようになったら、マスクに水を入れて練習してみましょう。

 

マスクに入れる水はマスク上部から

練習する時は、わざとマスク内に水を入れます。マスクのおでこの部分のシリコンにシワを寄せるかパカっとおでこからマスクを少し離して水を入れます。下を向いてやると少しずつ入れることができます。

 

目の下くらいまで入った水を抜く

目の下くらいまで水を入れたら、慌てずに舌の位置を確認して、鼻からんーーーーっとハミングするように優しく息を吐き出しましょう。

ほらっ!マスク内の水が抜けていきました。

 

目の上まで入った水を抜く

目の下までの時と同じように、マスク上部から水を入れましょう。目の上までマスク内いっぱいに水が入るようにします。あとは鼻から吸ってしまわないよう、口をすぼめてレギュレータから吸い、舌の位置を確認して鼻から吐き出しましょう。慌てずゆっくり優しく吐き出しましょう。目を開けておくと周りがぼんやり見えるので安心です。不安な人は目を瞑ってやってできるようになったら目を開けてできるようになりましょう。

 

マスクの脱着

マスク内にまずをいっぱい入れたら、ゆっくりマスクを外してください。外したマスクをすぐにつけようとすると慌てて上手くいかないので、5秒数えます。呼吸は口をすぼめて行いましょう。マスクを装着するまでは、口で吸って吐いてを繰り返します。それから落ち着いて、まずはマスクを顔に当ててストラップを頭にかけます。

髪やフードなどをマスクのスカート部分(顔に密着する部分)にはさまないよう気をつけましょう。またスカート部分が折れ込んでしまったりしてもいけません。水がうまく抜けなくなります。

マスクを顔に当て、ストラップをかけたら、慌てず鼻から息を吐きましょう。

 

まとめ

マスクに水が入っているときやマスクを外している時の口呼吸に気をつけて、マスク内の水を抜く時には舌の位置を確認して鼻から優しく吐き出すこと、マスク装着時にスカート部分に気をつけることなど、無意識でできるよう繰り返し練習しましょう。

LINEでお問い合わせ

\疑問や不安はLINEで解決!/

 

お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

仮屋伸一

和歌山県で一番上手になれるダイビングスクールを目指して20年約3000名の認定実績。 「一人一人に合わせたダイビングの家庭教師」のようなきめ細かい指導を心がけています。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP