ダイビングスクール プライム

さぁ、夏だ!海だ!ダイビングだ~!和歌山の海へ中性浮力の練習をしに行こう!!

LINEで送る
Pocket

ダイビングを始めたばかりの人に多い、スキルの悩みランキングの上位に必ず入ってくるのが「中性浮力」。

 

あなたもこのページをご覧になっているということはスキルアップに悩んでいらっしゃるのかもしれませんね。

 

 

「うまく止まれないんですよ~」っていう声をよく聞きます。はい、難しいです。

 

ピタッ!っと止まり続けるのは本当に難しいんです。インストラクターでさえ、長時間ピタッと止まっていられる人は少ないかもしれません。

 

えっ!?そうなの!?

 

そうなんです。

 

インストラクターレベルになったら本当は止まれていなくても、ピタッと止まっているように見せることはできます。「見える」だけです。しかし、止まれないわけではありません。それなりのトレーニングが必要です。

 

 

ダイビングを始めたばかりのあなたなら、止まれなくて当然です。心配いりません。これから少しずつうまくなって止まれるようになります。

 

少し、安心しましたか?

 

 

 

「止まっているように見えるレベル」の中性浮力は、本気で練習すればすぐにできるようになります。

 

この下の動画をご覧ください。 ↓ 初心者から見たら「めっちゃうまい!」ってなる中性浮力も完全に止まれているわけではありません。

 

動画に写っているダイバーさんの足(フィン)が常に動いていますね。上下にはあまり動いていないけれど、前後には動きまくっています。

 

 

 

このレベルにはあなたも練習すれば到達可能です。ここまでできれば、水深5m付近で行う安全停止もばっちりできます。そして、急に水深が深くなったり浅くなったりしても対処できるようになっています。潜水計画で決められた水深をキープしたりすることも容易でしょう。

 

さぁ!一緒に練習しましょう!中性浮力を!

 

夏だし、和歌山の海にダイビングを習いにお出かけください!

LINEでお問い合わせ

\疑問や不安はLINEで解決!/

 

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

スキューバダイビングを趣味として続けたい人、さらに上手になりたい人など、あなたが自信を持ってできるようになるまでサポート致します。

ダイビングスクール、体験ダイビングなどについてのお問い合わせや資料請求は、下記にて承っております。お気軽にお問い合わせください。

は必須項目です。必ずご記入ください。

内容
お名前
ふりがな
メールアドレス
ご住所
お電話番号
お問合せ内容
個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

この記事を書いた人

仮屋伸一

和歌山県で一番上手になれるダイビングスクールを目指して20年約3000名の認定実績。 「一人一人に合わせたダイビングの家庭教師」のようなきめ細かい指導を心がけています。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP