ダイビングスクール プライム

北風にめっぽう強い和歌山県田辺市の天神崎ビーチでダイビング!

LINEで送る
Pocket

「天神崎ビーチは穏やかでのんびり潜れました!」

 

2023年4月22日(土) 透視度5~8m 水温18,2℃

「天神崎ビーチ パート2」「天神崎ビーチ」

 

私たちのホームゲレンデの「天神崎ビーチ」は、岩場が天然の堤防になっています。特に北風にはめちゃくちゃ強く、台風並みの北風が吹いてもびくともしません。初心者でも穏やかなのでのんびり潜れます。初心者ライセンス取得講習も行われました。

 

今日も最初はボートダイビングの予定でしたが、風が強くなる予報だったので無理せず「天神崎ビーチ」でダイビングしました。

 

1本目は、SNSIが発行する雑誌DiveLifeでも紹介されている天神崎ビーチの積み石の辺りへ行ってきました。

透視度はそれほど良くありませんでしたが、時々突然視界に飛び込んでくるイワシの群れやそのイワシにアタックするハマチなどがいました。

和歌山県田辺市・南紀白浜でダイビングライセンス取得
天神崎ビーチ パート2

 

透視度が悪いときは、風景を楽しむよりも小さな生き物を探しながらのダイビングがオススメ!いろんな生き物が見つかります。

美しいサンゴの上にいたイソハゼの仲間。

和歌山県田辺市・南紀白浜でダイビングライセンス取得
キレイなサンゴの上にいた小さなハゼ

 

海藻の上には、その海藻そっくりに擬態しているウミウシ。ヒラミルミドリガイ。

写真の中央にウミウシが写っているの、わかりますか!?

ヒラミルミドリガイ

 

いつもいるし、肉眼で見た時は真っ黒なんで全く人気がないのですが、写真を撮ってよく見てみると青い水玉模様が見えて美しいホシハゼ。

よく見てみると美しいシリーズ その1 ホシハゼ

 

こちらはホシハゼよりは認知度が高いダテハゼ。近づくと巣穴に潜ってしまうのでじっくり観察することが少ないかもしれません。

腹びれをよく見てみると、めちゃくちゃきれいなんです!今日の写真はいまいちですが、ぜひぜひ近くで腹びれ狙いで撮影してみてください。びっくりしますよ!

よく見てみる美しいシリーズ その2 ダテハゼの腹びれ

 

ウミウシもあちこちにいます。アラリウミウシ。

アラリウミウシ

それ以外にもアオウミウシやシロウミウシはたくさんいました。

 

そろそろアオリイカが生い茂る海藻に隠すように卵を産み付けられる季節です。お楽しみに~

LINEでお問い合わせ

\疑問や不安はLINEで解決!/

 

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

スキューバダイビングを趣味として続けたい人、さらに上手になりたい人など、あなたが自信を持ってできるようになるまでサポート致します。

ダイビングスクール、体験ダイビングなどについてのお問い合わせや資料請求は、下記にて承っております。お気軽にお問い合わせください。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    内容
    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP