ダイビングスクール プライム

SNSIダイブマスターコース和歌山県田辺市開催~ガイド練習

LINEで送る
Pocket

「練習とはいえ、ほかの人を引率するなんて思ってもいませんでした!」

 

2022年10月16日(日) 透視度15~20m 水温25度

「南部だし」「南部だし」

 

今日もSNSIダイブマスター講習

ダイブマスターになるとガイド(他のダイバーの引率)ができるようになるので、そのシミュレーション練習を行いました。

 

ダイビングを始めたころは、インストラクターに助けてもらいながら周りのダイバーさんについていくのがやっとだったのに「練習とはいえ、ほかのダイバーさんを引率することになるとは思ってもいませんでした!」「めちゃくちゃ成長したと思います!」受講生の方からの感想です。

 

今日は透視度もよく、穏やかだったので練習には最適なコンディションでした。

水深18mの海底から水面を見上げると、水面に浮かぶボートがはっきりと見えました。自分の吐いた息が泡になって、太陽の光に照らされてキラキラと輝きながら水面まで上がっていくのが見えます。

 

泡ははじける瞬間にブホッっと音を立てて分裂して細かい泡に変わっていきます。

 

和歌山県田辺市・南紀白浜でダイビングライセンス取得
水深18mの海底から見上げたらボートがはっきり見えました。

 

 

普段はダイバーに見向きもされないニザダイ。釣り人からもあまり好まれない魚です。以前、八丈島に潜りに行ったときに民宿のおじさんがニザダイのカルパッチョを食べさせてくれてびっくりしたことがあります。「内臓を傷つけずに調理すればにおいもなくてうまいんだ!」と教えてくれました。

  ※においを抑えたニザダイを提供することにチャレンジする「くら寿司」

この時期になると産卵などをするのでしょうか?ぐわっと集まってとんでもなく大きな集団になっています。大きな岩を覆いつくすほどの群れです。

和歌山県田辺市・南紀白浜でダイビングライセンス取得
岩を覆いつくすほどの群れになったニザダイ。

 

浅場は、カラフルなソフトコーラル(サンゴ)とオレンジ色のキンギョハナダイと青いソラスズメダイが群がって癒し系の景色が広がります。

和歌山県田辺市・南紀白浜でダイビングライセンス取得
癒し系ダイビング。

 

ダイビングの終わる直前に、安全のための安全停止を行います。一般的に潜水病と呼ばれる「減圧症」の予防のためです。

和歌山県田辺市・南紀白浜でダイビングライセンス取得
安全停止中のダイバーさんたち。

 

ガイド練習を終えたダイブマスター候補生の皆さん、緊張から解放されて充実感いっぱいのようです。笑顔が最高でした!

LINEでお問い合わせ

\疑問や不安はLINEで解決!/

 

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

スキューバダイビングを趣味として続けたい人、さらに上手になりたい人など、あなたが自信を持ってできるようになるまでサポート致します。

ダイビングスクール、体験ダイビングなどについてのお問い合わせや資料請求は、下記にて承っております。お気軽にお問い合わせください。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    内容
    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP