ダイビングスクール プライム

初級ダイバーから中級、上級ダイバーへの階段を登る!

LINEで送る
Pocket

初級ダイバーからの脱出!

 

2020年8月3日(月)   透視度 7m   水温 26度

「天神崎ビーチ」

 

初級ダイバーと中級や上級ダイバーの差ってどんなところにあるんでしょう?

上級ダイバーになると深いところに潜れる、と思っているダイバーさんも多いと思います。確かに資格上、潜れる深さが異なります。しかしそれだけではありません。

 

初級ダイバーさんも習っている、中性浮力とフィンキックがしっかりできることがとても重要だと思います。

 

今日のお客様もよりしっかりとしたスキルを身につけていただくために、愚直に基本スキルの練習を繰り返しました。そして、フィンキックが上手になるような練習と中性浮力の練習を何度もやっていただきました。

 

 

中性浮力を練習する過程で誰もが練習するフィンピボット。動画のダイバーさんはダイビングを初めて数ヶ月ですが、彼のフィンピボットの姿勢が美しいと思いませんか?

あることを意識するだけで、あなたのフィンピボットも美しくなりますよ!

 

このフィンピボットができるようになったら、目指すはホバーリングです。ホバーリングしながらレギュレータをくわえなおす練習をしたり、ホバーリングでマスククリアをしたり、実際のダイビング 状況でも対応できるスキルレベルに引き上げます。

 

だんだん寒く課題が浮き彫りになってきましたね。次回はあなたの1番の弱点に切り込んで練習していきます!あなたのダイビングが変わります。お楽しみに〜♫

LINEでお問い合わせ

\疑問や不安はLINEで解決!/

 

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

スキューバダイビングを趣味として続けたい人、さらに上手になりたい人など、あなたが自信を持ってできるようになるまでサポート致します。

ダイビングスクール、体験ダイビングなどについてのお問い合わせや資料請求は、下記にて承っております。お気軽にお問い合わせください。

は必須項目です。必ずご記入ください。

内容
お名前
ふりがな
メールアドレス
ご住所
お電話番号
お問合せ内容
個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP